臨床研修医制度の現状

臨床研修医制度は、平成16年に義務化された医師の研修制度です。
医師国家試験に合格すると、医師は2年間、病院で臨床研修医として勤務することになります。
どんな病院で研修するか?
はマッチングが行われて、病院と研修医、両方の意向があった場合にその病院で研修することが決まります。
ぜひ一度、入院施設がある大きな病院のホームページをのぞいてみてください。
研修医募集という項目を見つけることができるのではないでしょうか?
多くの病院にとって、優秀な研修医を確保することは大きな問題です。
研修後、そのまま就職してもらえれば、その病院にとって大きな即戦力となります。
そのため、多くの病院は研修医を確保しようと必死です。
待遇を良くしたり、研修制度を充実させたり、多くの症例が体験ができるように工夫したり、努力をしています。
そして、研修先は医学生にとっても将来を決める大切な決断なので、さまざまな情報を得ようと、病院見学に行ったり、先輩から情報を集めたりしています。
最近では、ネームバリューのある都会の病院に研修医が集まる傾向が顕著で、人気のある研修先病院とそうでないところが二極化する傾向にあり、これからの動向が注目されています。