クラウドを使った会計ソフトが便利すぎる

最近では、クラウドコンピューティングという方法が一般的になってきました。
それはインターネットを雲に例え、その向こう側にあるコンピューターにデータを集めておき、パソコンからインターネットを通じてアクセスをし利用するというものです。
そしてこの仕組を利用して開発されたのが当該の会計ソフトで、クラウド側のコンピューターにお金のデーターを置いておき、集中管理する様になっています。
この様な事を聞くとセキュリティーは大丈夫だろうか、という意見も聞こえて来ますが、お金に関する全てのデーターは暗号化されているだけでは無く厳しいアクセス制限をしているので安心出来るでしょう。
また、万が一の為にバックアップを複数、作成する仕組みが出来ているのです。
このソフトを使うと契約している銀行口座、あるいはクレジットカード会社との連携が出来る様になっているので、いちいち出納帳等に記入したり、一般の会計ソフトの様に金額の投入をしなくても自動的に取得して、仕訳までしてくれるので便利に使えるでしょう。
また特別な仕訳項目を盛り込みたいという場合にも、簡単にカスタマイズが可能です。
そして年度末に必ずやってくる、確定申告に提出する書類も自動的に作成してくれますから、手間を大幅に削減出来るでしょう。