資格試験合格に役立つサイトの存在

不動産仲介士は不動産関連の資格の中でも取得が簡単だと言われている資格です。
合格率は50%から60%とも言われており、国家資格の宅建士やマンション管理士などと比べるとその合格率がどれだけ高いか分かります。
そのため、働きながらでも並行して勉強すれば資格を獲得出来るため、このような民間資格にも注目が集まるのです。

しかし、注意しなければいけないのが、この資格には独占業務がないということがあります。
独占業務とは、その資格を持っていなければ行えない業務のことであり、いくら不動産仲介士の資格を持っていても、宅建士のような重要事項説明などが出来るわけではないということを理解しなければいけません。
この資格は実務のクオリティを高めるためにあるもので、自分のスキルアップに役立てると思って取得しましょう。

民間資格は数が多いため自分でその情報を把握するのは難しいです。
ましてや、その試験合格へ向かうのはさらに骨が折れるものになります。
そのような時に役立つのが不動産ココのような情報ポータルサイトです。
こちらは資格情報が分かりやすくまとめられている上に動画で資格対策をしてくれているコンテンツもあります。
そのため、不動産関係の人間から注目されているのです。