ヒアルロン酸注入と美容外科手術

ヒアルロン酸注入法によるバストアップは安全性が高いと言われていますが、その素材には十分に気をつける必要があるので要注意です。
中でもアクアフィリング豊胸は素材の大半が水分であるため、ヒアルロン酸注入と混同しがちです。
しかし、こちらは生体内に留まってしまう恐れがあるため安全性が世界中で疑問視されています。
とはいえ、日本においてはまだ使用が許可されている実態があるため、クリニックによってはこのような施術を行なっているところがあるのです。
美容外科学会などではこのような状況を問題視しているので、注意しましょう。

城本クリニックでは取り扱うヒアルロン酸に対して厳しい水準を要求しています。
そのため、薬剤も全て世紀の代理店を通じて入手しているのです。
安心した施術を行うためにはこのような努力が必要になるのです。
また、ヒアルロン酸に関しては経験を積んだ医師がその患者に最適なヒアルロン酸を選びます。
さらに、最先端のヒアルロン酸医療を学ぶために海外の先生やメーカーの指導医などを招き勉強会を開くなど技術のブラッシュアップを怠りません。
このような取り組みを行なっているため、ヒアルロン酸注入法においても信頼性が高まっているのです。
体内に入れるヒアルロンだからこそ、このような取り組みが必要であると城本クリニックは感じています。

https://www.shiromoto.to/