従業員の離職率を下げたい経営者の方に

中小企業の経営者の方は、従業員の離職率が高いことを気にされていると思います。
離職率が高い会社は、どうしても経営が安定しませんし、せっかく丁寧に教えた時間を全て無駄にしてしまう上に、また新しい方が入社してくれても、最初から教える時間と労力を確保しなければいけません。
安定した経営を実現する為には、絶対に離職率を下げていかなければならないのです。

離職率を下げるためには、労働時間をきっちり守るという当たり前のことも重要になってきます。
例えば、開始時間の前に来ることを強要したり、開始時間前に掃除をしなければいけないなど、会社のオリジナルルールを強いていたり、残業や休日出勤などを強要するなどをしているような会社は、総じて離職率が高くなっております。
同様に産休や育休などが取りにくかったり、有給の消化率が悪い企業は離職率が高くなっております。

他にも業務内容が単純作業ばかりであったり、自分以外にもできてしまうような簡単な作業ばかりですと、従業員のモチベーションが上がらずに離職率が高くなってしまいます。
例えば、FAST RPA コボットのような自動化ツールを導入し、そういった作業を任せてしまう方法もあります。よりやりがいのある仕事を与える事で社員のモチベーションをアップさせることも可能です。